育毛シャンプー特徴、選び方



薄毛、抜け毛が気になりだすと、 まず気になるがシャンプーではないでしょうか? 「育毛シャンプー」と言う名の元、 数多くのメーカーから薬用シャンプーが販売されています。

特に最近ではシャンプーのテレビCMも多く、 このシャンプーを使えば髪が生えてくるイメージを持ってしまいます。 ただ注意したいのがシャンプーだけで髪が生える事はありません。 シャンプーの役割は頭皮環境の改善です。

育毛シャンプーは頭皮の洗浄、フケやかゆみの防止、ニオイを防ぐ効果があります。スカルプケアシャンプーとも呼ばれ、薄毛予防をサポートします。

育毛シャンプーと他のシャンプーの違いに「界面活性剤」があります。刺激の強い石油系の界面活性剤は使わず、頭皮に優しい洗浄成分を使っています。ここでは育毛シャンプーを選ぶポイントについて紹介します。

ポイント1 洗浄成分で選ぶ



シャンプーの主成分となるのが「界面活性剤」です。界面活性剤には硫酸系、スルホン酸系、アミノ酸系などがあります。

安価なシャンプーの多くは硫酸系やスルホン酸系の洗浄成分を使用しています。ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、スルホン酸Naなどの成分が使われています。強い洗浄力、タンパク質融解作用などがあり、頭皮や毛髪に負担をかけます。

・アミノ酸系シャンプー
育毛シャンプーの多くはアミノ酸洗浄成分を使用しています。アミノ酸洗浄成分は洗浄力がやや弱めです。そのため、皮脂を取り過ぎる事がありません。乾燥や皮脂の過剰分泌を抑制し、フケやカユミを防止します。アミノ酸シャンプーは殆どが弱酸性なので、頭皮が敏感でも安心して使用できます。

ポイント2 スカルプケア成分で選ぶ



育毛シャンプーを選ぶ際には界面活性剤に加え、生薬や植物エキスなどのスカルプケア成分にも注目します。乾燥などにより頭皮は炎症を起こしやすくなります。炎症やフケやかゆみ、抜け毛の原因にもなります。

●炎症を抑える成分
グリチルリチン酸2k、カミツレエキス、アルニカエキス、エイジツエキス、ゲンチアナ根エキス、オウゴンエキス、オウレンエキス、シャクヤクエキスなど

●フケ、かゆみを抑える成分
ピロクトンオラミン、ミコナゾール硝酸塩、ヒノキチオール、柿タンニン、キハダ樹皮エキス、クララエキス、サリチル酸など

●血行促進、ボリュームケア成分
センブリエキス、ニンジンエキス、ニンニクエキス、オランダカラシエキス、酢酸トコフェロール、サンショウエキス、ショウキョウエキスなど

ポイント3 価格やコスパで選ぶ



シャンプーを選ぶ際には価格も重要なポイントになります。多くの育毛シャンプーは3,000円~5,000円程度です。

市販の安価なシャンプーに比べると高額になりますが、アミノ酸洗浄成分や生薬、植物エキスなどが豊富に含まれています。予算に応じて、無理なく継続できる価格のシャンプーを選びましょう。

ポイント4 頭皮の状態で選ぶ



頭皮の肌質にあったシャンプーを選ぶ事も重要です。頭皮の肌質は乾燥肌、敏感肌、脂性肌などがあります。

●乾燥肌、敏感肌
乾燥肌、敏感肌は外部刺激の影響を受けやすく、炎症によるフケ、かゆみなどが発生しやすいのが特徴です。フケなどが毛穴につまると、抜け毛が発生しやすくなります。

シャンプーを選ぶ際には洗浄力の優しいアミノ酸系を選びます。保湿作用のある植物エキスなども配合しているタイプがおすすめです。

●脂性肌
男性に多いのが皮脂の多い脂性肌です。過剰な皮脂で頭皮がベタつきやすく、毛穴が詰まることで抜け毛が発生します。

硫酸ナトリウム系の洗浄成分は皮脂を取りすぎ、余計に毛穴がつまりやすくなります。アミノ酸系、カルボン酸系の洗浄成分を使用したシャンプーがおすすめです。フケ、かゆみが酷い人は殺菌成分を配合したシャンプーを選びましょう。

育毛シャンプーランキング BEST5

チャップアップシャンプー
チャップアップシャンプー

低刺激アミノ酸シャンプー
 5種類のアミノ酸洗浄成分を配合!
 20種類以上の植物エキス配合!
 コンディショナーなしでもしっとり!


チャップアップシャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーです。皮脂を取りすぎる硫酸ナトリウムなどは一切使用していません。コンディショナーなしでもキシミがなく、指通りのいい髪の毛に洗い上げます。その他、頭皮を保湿するオーガニックエキス、炎症などを抑える植物エキスを配合し、頭皮をしっかりケアします。

価格 3,280円
容量 300ml
成分 アミノ酸、ローズマリー葉エキス、グリチルリチン酸2k、うめ果実エキス、ドクダミエキスなど
プレミアムブラックシャンプー
プレミアムブラックシャンプー

炭のパワーで毛穴すっきり
 アミノ酸洗浄成分のみを使用
 20種類以上の植物エキスを配合!
 オレンジの香りでリラック効果!


黒い液体が特徴のアミノ酸系シャンプー。炭化したクレイが毛穴の汚れを吸着させて、汚れをしっかりと取り除きます。損他、炎症を抑える植物エキス、保湿作用のある植物由来オイルなども配合。頭皮環境を整えて育毛をサポートします。

価格 5,184円
容量 400ml
成分 アミノ酸、ニンジンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸2kなど
コラージュフルフルシャンプー
コラージュフルフルスカルプシャンプー

脂漏性皮膚炎におすすめ

 真菌を抑える成分配合
 アミノ酸成分で頭皮に優しい!
 10種類の植物エキスで頭皮環境改善!


コラージュフルフルシャンプーの最大の特徴は抗真菌(カビ)成分を配合している点です。脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア菌の増殖を抑える硝酸ミコナゾールを配合。洗浄成分は頭皮に優しいアミノ酸系で、潤いを補給する植物エキスも10種類配合しています。

価格 2,916円
容量 360ml
成分 硝酸ミコナゾール、ピロクトンオラミン、センブリ、ローズマリーなど
スカルプD
スカルプD

頭皮別に3種類のシャンプー

 アミノ酸系洗浄成分で低刺激!
 痒みを抑える殺菌成分配合!
 植物エキスで頭皮しっとり!


スカルプDには頭皮に合わせて3種類のシャンプーが用意されています。超脂性肌、脂性肌、乾燥肌用があります。洗浄成分はアミノ酸系で、頭皮へのダメージを抑えています。さらに、フケの原因となる殺菌を抑えるピロクトンオラミン、頭皮に潤いを与える植物エキスもたっぷり。コンディショナーなしでも髪はしっとりします。

価格 3,900円
容量 350ml
成分 アミノ酸、グリチルリチン酸2k、ピロクトンオラミン、豆乳発酵液など
ポリピュアスカルプシャンプー
ポリピュアスカルプシャンプー

フケ、痒みを抑えるシャンプー

 殺菌成分でフケ抑制!
 アミノ酸系で頭皮にやさしい!
 植物エキスで頭皮環境を改善!


アミノ酸系洗浄成分で頭皮を優しく洗浄します。有効成分にはフケを抑えるピロクトンオラミン、炎症を抑えるグリチルリチン酸2k、サリチル酸などを配合。その他、頭皮を保湿する植物エキスをたっぷり配合。シャンプーだけで髪の毛もしっとりします。

価格 3,800円
容量 350ml
成分 ピロクトンオラミン、サリチル酸、グリチルリチン酸2k、ビタミンEなど

育毛シャンプーと育毛剤の違い

育毛シャンプーと育毛剤は根本的に育毛へのアプローチが違うので、どちらが良いというより併用するのが一番効果的なのです。ここでは育毛剤との違い、育毛シャンプー選びのポイントなどについて紹介します。



・育毛シャンプーと育毛剤の違い
育毛シャンプーと育毛剤は用途が違います。 育毛シャンプーというのは、頭皮に優しいアミノ酸洗浄成分が使われています。市販のシャンプーに比べて頭皮へのダメージを軽減します。 そして、皮脂や汚れを落としながら、必要異常に皮脂は落としすぎることなく洗い上げます。

炎症や乾燥などで悪化した頭皮を改善し、髪が育ちやすい状態に整える目的で使うのが育毛シャンプーです。育毛剤は血行を促進し、髪の成長に必要な栄養を補給するなどの働きがあります。その他、細胞を活性化したり、男性ホルモンに働きかける作用などがあります。抜け毛や薄毛を引き起こす原因を改善し、髪を育てる目的で使うのが育毛剤です。

・効果の違い
育毛シャンプーと育毛剤は使用の用途が異なります。フケやカユミを防止し、頭皮の状態を整えるのシャンプーの働きです。育毛シャンプーは、乱れた頭皮環境を整える働きはあるものの、毛母細胞や毛根組織に直接働きかけるわけではありません。

育毛剤は、髪を育てる毛母細胞に働きかける成分が配合されていますし、薄毛の原因となる血行不良の改善や抜け毛を引き起こす特殊酵素に働きかける作用があります。 育毛を促進する効果があるのは育毛剤の方ですが、効果を高めるには育毛シャンプーを併用するのが一番です。

・育毛シャンプーと育毛剤を併用するメリット
育毛剤は有効成分や植物エキスが頭皮から浸透し、内部に働きかけることで、育毛を促進します。 つまり、浸透しなければ育毛効果は十分に得られません。 薄毛に悩む人は頭皮環境が悪化していて、育毛成分が浸透しづらくなっています。

育毛シャンプーは悪化した頭皮環境を改善する効果があるので、併用すると有効成分が浸透しやすくなるというメリットがあります。 コストはかかりますが、少しでも早く育毛効果を出したいのであれば、育毛シャンプーと育毛剤を併用してケアを行いましょう。

育毛シャンプーの特徴は、頭皮や髪にダメージを与えない洗浄成分を使っているということです。 育毛に適したシャンプーに使われているのは、アミノ酸系の洗浄成分です。アミノ酸系シャンプーは弱酸性で頭皮と同じphですし、また洗浄力も適度なので皮脂を落としすぎることなく洗えて、頭皮や髪にダメージを与えません。 シャンプーによるダメージが軽減されれば、育毛剤の働きが邪魔されることもなくなりますから、育毛効果を高めることができます。

アミノ酸系シャンプーを選ぶ時には洗浄成分をチェックしましょう。 成分表示にココイルグルタミン酸、ラウロイルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸naなどのアミノ酸界面活性剤が表記されているので確認してください。

育毛シャンプーの使い方



1.ブラッシング、地肌を濡らす
シャンプーをする前に、目の粗いブラシや手ぐしなどで、髪の毛のもつれをとかします。髪がもつれたままシャンプーすると、洗う時に毛根が引っ張れれてしまい、ダメージを与えてしまいます。

シャンプーする前はお湯でしっかり髪、頭皮を濡らすことも大事です。お湯だけで汚れはある程度取れ、シャンプーした時の泡立ちも違ってきます。

2.頭部でしっかり泡立てる
育毛シャンプーの多くは水のような液体です。安価なシャンプーは粘り気があり、手で泡立てる事が可能ですが、液体に近いシャンプーは頭皮でしっかりと泡立てるようにします。

爪で地肌を傷つけないよう、指頭で頭皮にシワを作るようにして洗い上げます。脂性で地肌のベタつきが気になる場合、2度洗いでしっかり汚れや皮脂を取り除きます。その場合、低刺激のアミノ酸シャンプーが有効です。

3.すすぎを十分に行う
すすぎはしっかり行います。シャンプーが頭皮に残るとフケやかゆみの原因となります。特に耳の後ろや後頭部などはシャンプーが残りやすいので、手の平にお湯をためて溜めすすぎを行いましょう。

4.ドライヤー、マッサージ、育毛剤など
水分は髪や頭皮に残るとダメージの原因となります。濡れたままにしておくと、頭皮に雑菌が繁殖します。洗髪後はすぐにタオルドライで水分を取り除き、乾かしましょう。

ドライヤーは1箇所に集中せずに、全体的に乾かしていきます。高温で頭皮に近すぎないようにします。イオンドライヤーは保湿作用もあるのでおすすめです。

育毛剤は頭皮を乾かしてから使用します。頭皮が濡れていると浸透しづらくなります。育毛剤を使用しながら指頭や指の腹でしっかりとマッサージを行います。頭皮にシワを作るようにすると血行も良くなります。

育毛対策にはアミノ酸シャンプー

育毛対策で使用するシャンプーの多くはアミノ酸洗浄成分を配合したシャンプーです。ここでは育毛対策に使用されるアミノ酸シャンプーの特徴、効果などについて紹介します。



・アミノ酸シャンプーの特徴

アミノ酸系シャンプーは、アミノ酸から作られた合成界面活性剤を使用しています。弱酸性だから、人の皮膚に近いために低刺激です。 人間の体とアミノ酸は非常に相性が良く、皮脂のとり過ぎによる乾燥、頭皮の炎症を防止する作用があります。人間の皮膚はアミノ酸が結合しているタンパク質で構成されています。 そのアミノ酸を使っているシャンプーに体がアレルギー反応を出すということは、ほとんどのケースでありません。

・アミノ酸系シャンプーが良い理由

アミノ酸系シャンプーの良いところは、皮脂を取り過ぎずに毛穴の汚れは取り、肌に優しいところです。 しかも、泡立ちが良く、細かい泡が毛穴の汚れをしっかり吸着します。 また、天然成分が使われているので、赤ちゃんに使っても大丈夫なほど低刺激になっており、頭皮環境のケアには最適と言えます。

特に夏は汗をかき、頭皮に細菌などが繁殖しやすいときなので、アミノ酸系シャンプーでしっかりと余分な皮脂や細菌を洗い流せるというのは大きなメリットです。市販のシャンプーに多い石油系界面活性剤は皮脂を取り過ぎます。その結果、皮脂が過剰になり、細菌やフケの原因となります。

・育毛対策でも勧められるアミノ酸系シャンプー

薄毛治療クリニックなどがたくさんありますが、そこで使用されるシャンプーもほとんどがアミノ酸シャンプーとなっています。アミノ酸系シャンプーは、頭皮に優しい弱酸性で、皮膚炎などのリスクが少ないことが理由です。 しかも、皮脂を取り過ぎず、頭皮や髪の毛に潤いを保ちます。

日中に汗をかいても、毛穴の汚れや過剰な皮脂を洗い流す洗浄力も確保されているので、薄毛に悩む人に勧めやすいとも言えます。 抜け毛予防シャンプーには色々な種類がありますが、頭皮への刺激が少なくいアミノ酸系シャンプーを使用する事をおすすめします。

皮脂の増加によって発生するマラセチア菌は脂漏症皮膚炎を引き起こします。脂漏症皮膚炎はべたついたフケ、炎症、痒みを引き起こします。マラセチア菌にはケトコナゾールやミコナゾール硝酸塩配合のシャンプーが有効です。



人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

イクオス

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
ブブカ

詳細はコチラ

頭頂部、つむじの薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

頭頂部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ