アニメはここ最近絶大な人気を集めています。あまり馴染みのない人や興味のない人もいるでしょうが、ギャンブル好きのアニメファンなら、以下の2つ作品は押さえておいて損はありません。

アニメはアニメーションの略で、日本で生まれた、映画作品に勝るとも劣らない品質を誇る独特の芸術形式です。リアルな設定と作画技術のリアリズムにより、近年海外でも急速に人気が広がっています。

アニメ映画『C』は、2011年にタツノコプロが制作した作品です。ギャンブルに関する戦略と洞察を描いた作品とみる向きもありますが、作品のテーマは、ギャンブルの未来への問題提起です。ギャンブルがセルフコントロールを失った人間にどのような影響を与えるのかを理解することができます。

2つ目は、麻雀漫画『咲-Saki-』をアニメ化したものです。この作品を見ると、中国やアジアでのギャンブルがどのようなものかイメージをつかむことができます。『咲-Saki-』は、『C』と異なり、エンターテインメント性やワクワク感に満ち、ギャンブルの戦略性を楽しめる作品になっています。